x³+y³=z³

数学史上もっとも悪名高き問題 
「nが2より大きいとき、xⁿ+yⁿ=zⁿが自然数解を持たないことを証明せよ」






サイモン・シン著 青木薫訳 『フェルマーの最終定理』を読んでいます。
<引用>
15ページ
数学の確信は証明にある。そして証明こそは、数学と科学の他の分野とをきっぱりと分つものなのだ。数学以外の科学分野ではまず仮説を立て、実験によってそれを検証する。そして仮説の誤りが示されれば、別の仮説がそれに取って代わる。しかし数学においては、完全な証明こそがゴールである。一度証明されるということは、永久に証明されるということなのだ。そこに変更の余地はない。
[PR]
by SwayingDaisies | 2007-04-07 20:45 | 文学×音楽×科学


<< ゼ〜〜〜ップ Wide Screen iPod >>