タグ:細美武士 ( 3 ) タグの人気記事

Pyramid Gardenにて Fuji2011

フジロック2011、今年はPyramid Gardenにテントを張ってそこで大半を過ごしました。
ぼそぼそと、降り続く雨の中、蜘蛛や蛙や蟻や芋虫やメタリックなブヨが応援にかけつけてくれましたよ(汗)
初日に合わせて着ていたTシャツも雨と汗でほどなくぐしょ濡れになり、泣く泣く着替えました。風向きでホワイトステージからの音が聞こえてきます。サニーデイ・サービスかぁ。(。。。。雨)
で、苗場温泉へ。

ArcticMonkeys  革ジャンを着込むようなロックスターの文法がわかりやすく最高。
COLDPLAYとグリーンステージ映えする彼らを間近で見ることができました。歌詞そのまま汗と涙と雨が滝に。飛んできたバルーンが実は泥だらけでした。セットリストは全く異なるけれども、昨年のサマソニと一続きのモードだと思います。

そして深夜。最後の最後に出演が公式発表された細見武士さん。
あの夜、彼がどんな思いだったのかがこの選曲から伝わってきませんか?
a0002890_2291318.jpg

プレイリストを作ってみました↑。弾き語りされた曲です。(スタンバイミーは弾き語りのアコギの雰囲気がジョンのやつと近い気がしました。)
痛み悲しみ苦しみを、ある立場から受け入れたいという曲がならびました。


キャンプファイヤーの熾きが心地よく温かだったり、ろうそくをともしたあかりがぼんやりとまわりを照らしていたりして。

『西門の昧爽』
[PR]
by swayingdaisies | 2011-08-01 22:10 | フェスへ行ってみよう!

美しい音楽 この夏最高の。Fuji2011

フジロック
金曜深夜に細美武士登場!

a0002890_18555712.jpg

『聖夜』P215より
「良いこと、感動すること、深く大きく心が動く時、自然に心の中で手を合わせている。神に感謝する。祈っている。アリガトウゴザイマス。信じていないのに、イエス・キリストなんて。でも何かを信じているのだろうか。大いなる存在を。創造主を。救いを。いや美しい音楽を。

ただそれだけを信じている。それを生み出す人を。」
[PR]
by swayingdaisies | 2011-07-15 02:15 | フェスへ行ってみよう!

ANOMALY

2010年12月27日 日本経済新聞朝刊より
「アノマリー 株式投資などで、合理的な理由は見当たらないのに、過去のデータや経験則を積み上げると上げ下げの傾向が出ることがある。これを「アノマリー」と呼ぶ。直訳では「変則」「例外」という意味だ。/アノマリーをうのみにするのは危険。なぜそうした傾向があるのか根拠を探したり、理由を考えたりしたうえで投資の参考にしたほうがいい。」
a0002890_2119586.jpg

彼らの持てるものすべてで生み出した、予定調和でない作品。このアルバムを何度も繰り返して聞くうちに何か見えてきました。経験を形にしようとして、漠然とではあるけれど、ずっと探し続けるその果てに偶然にも見つけた音。
その時全て全身全霊をかけて、あるかないかわからないものをそれでも探す暗中模索。

聞き手としても、ハードルが高く要求されたアルバムでした。1曲を取り出して聞くことを許さないのです。いやこの曲順で最後までたどり着いた時にだけわかることがあって、それを見るためには越えるべきものが設定されているというような。

細美さん、かなりの勉強家です。
[PR]
by swayingdaisies | 2010-12-27 21:26 | The great rock album